Q20.建築面積と延床面積の違いって?

A.建築面積は建物を真上から見た時の面積です。一般的な住宅では、1階部分の面積と同じになります。

しかし、設計によって1階より2階の面積の方が大きいことがあります。その場合は2階の面積になることもありますが一般の住宅では少ないです。

庇やベランダの出巾が1m以上の場合は、先端から1m下がった部分まで建築面積に含まれません。

延床面積は全ての階の床面積を合計したものです。2階建ての場合は、1階部分の床面積と2階部分の床面積を合計した数字が延床面積になります。

 

このページを見ている方に人気の記事


 ■土地や法律のこと

Q12.土地探しもお願いできますか?

Q13.土地探しの手順は? 

Q14.土地選びの注意点はありますか?

Q15.不動産の価値って?

Q16.地域特有の規制はあるの?

Q17.所有している土地を売却して希望地に新築したいのですが?

Q18.建ぺい率とは?

Q19.容積率とは?

Q20.建築面積と延床面積の違いって?

Q21.土地の購入代金以外にかかる費用はある? 

Q22.なんで登記が必要なの?

Q23.都市計画法とはなんですか?

Q24.用途地域とはなんですか?

Q25.調整区域には建築できないの?

Q47.セットバックとはなんですか?

「まずは東洋ホームを知りたい!」という方は…

資料請求

「家づくりから暮らしづくりへ」

家づくりへの想いや宮崎で快適に暮らすための工夫、施工事例など、東洋ホームのことがわかるパンフレットを無料でお送りします!

ご希望の方はこちら

家づくりのすすめ方|よくあるご質問(Q&A)

ページトップへ