Q29.断熱材の種類は?

A.「充填断熱」と「外張断熱」があります。

「充填断熱工法」は、柱などの構造材の間に断熱材を充填する方法です。

「外張断熱工法」は、柱などの構造材の外側を断熱材でくるむ方法です。

東洋ホームではアクアフォームという断熱材を使用し、隙間なく吹き付けていきます。
隙間の生じないアクアフォームは、高い断熱性能と気密性能を同時に施行する事で、ほかの断熱材に比べて優れた断熱性能を発揮します。
従来隙間から入り込んでいた外部の騒音や気になる内部の生活音の漏れもシャットアウトしてくれます。

このページを見ている方に人気の記事


■設備・仕様について

Q26.太陽光パネルは載せれますか?

Q27.オール電化とは?

Q28.24時間換気システムってなに?

Q29.断熱材の種類は?

Q30.塗り壁のメンテナンス方法は?

Q31.タイルの床はどのように掃除すれば良いの?

Q32.防蟻・防腐処理はどうしているの?

Q56.床暖房はつけられますか?

Q60.バリアフリーにできますか?

Q33.湿気対策は何をしているの?

Q34.省令準耐火構造とは何ですか?

Q35.耐震等級とは?

Q50.自然素材はほんとにからだにいいのですか?

Q66.制震ダンパーとは

 

「まずは東洋ホームを知りたい!」という方は…

資料請求

「家づくりから暮らしづくりへ」

家づくりへの想いや宮崎で快適に暮らすための工夫、施工事例など、東洋ホームのことがわかるパンフレットを無料でお送りします!

ご希望の方はこちら

家づくりのすすめ方|よくあるご質問(Q&A)

ページトップへ