ページトップへ

建物仕様

建物標準仕様

私たちは目に見えない建物の構造にも、自信を持っています。

地盤調査

【スウェーデン式サウンディング試験】

建物を支えているのは基礎ですが、その基礎を支えているのは地盤です。仮に地盤が軟弱で建物の荷重に耐えきれないときには、建物が沈下してしまいます。計画建物の重さに地盤が耐えられるかどうか、見ただけでは分からない地盤の強さを、地盤調査を実施することによって数値として把握します。

 

地盤保証

【最大20年間、最高5,000万円を保証】

地盤保証建物引渡しより20年間、万が一、不動沈下が発生した場合には、加入している第三者機関が建物の損害賠償をします。

地盤保証期間

地盤について

基礎の根切り庭地盤に砕石を撒き出し、それを転圧してその上にテクトンシートを敷設することにより地盤を補強する工法です。不同沈下を防ぐのはもちろん、有害物質を発生させない、工期を短縮できる、経済的であるなど、多くの利点を持っています。

 じばんあんてい

 【テクトンシート】

テクトンは薄く軽量ながら高強度、目詰まりしない土木建築用の不織布です。酸アルカリに強く生物分解性もないので永久的に土中で強度が安定しています。

①建物等上からの荷重を分散する②土や砕石を動かさず、土層を安定させる③優れた透水力で雨水などもため込まない

薄いシートですが、【一枚の安定地盤】になります。

 

基礎部分

「鉄筋コンクリートベタ基礎」

建物の基礎には、建物を「面」で支える鉄筋コンクリートベタ基礎を採用。地盤との積極面積が広く荷重負荷が分散しやすいので、地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がします。新造成地や軟弱地盤においても優れた安定性を発揮します。また床下全面を覆うので、地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。

 

床下換気

【基礎パッキン工法】

床下換気には、湿気を効率的に排出し、シロアリの繁殖や柱脚部の腐食を防止する「基礎パッキン工法」を採用。これは木造土台部分とコンクリート基礎の間にパッキンを入れて固定するもので、一般的な基礎切り欠き換気口に比べ、1.5〜2倍の換気性能を発揮。基礎の強度性能を低下させる心配もありません。

 

防蟻処理

【シロアリ対策】

東洋ホームでは二種類の防蟻処理を行っております。一つ目は基礎パッキン工法です。この基礎パッキンで通常は10年保証最高1,000万円ですが、更新が必要ですが20年保証、最大で30年まで保証することができます。二つ目は薬剤の吹付を行います。まずは土壌から、土壌に最も多くシロアリはいます。そして、土台、立ち上がりの柱に吹付を行います。

構造・性能について

躯体構造

【木造軸組パネル工法】

木造軸組工法の「間取りの自由性」と、2×4工法の「地震に強い」のそれぞれの長所を兼ね備えた工法です。軸と面で構成するためデザインの自由度と地震に対する強度の2つの良さを併せ持ちます。

パネル工法

耐力面材「ノボパン」

躯体(柱・梁)をしっかりと耐力面材で固定することによって、大きな耐震性が得られます。

novopanSTPⅡは、壁倍率2倍以上の認定を取得。優れた耐風・耐震性が住まいを守ります。

また、廃木材・未利用木材を主原料とした地球にやさしいエコ商品です。非ホルムアルデヒド系接着剤を使用しているため、ホルムアルデヒド放散量は極めて少ないF☆☆☆☆品です。

 

安心の長期優良住宅

長期優良住宅とは、地震に強く、劣化対策やメンテナンスのしやすさ、省エネルギー性能において、建築基準法以上の一定の性能が認められた住宅です。

長期に渡り、住宅を良好な状態で使用できるのはもとより、所得税や固定資産税が減税になるメリットがあります。

長期説明

 

耐震等級

【耐震等級2以上】

耐震等級とは地震に対する建物の倒壊や崩壊のしにくさを国が建築基準法によって3段階に表示したものです。

ただし、住宅の耐震性というのは「間取り」に大きく左右されるものなので、東洋ホームではお客様のご希望のプランに沿ったしっかりとした耐震等級を設けています。

 

耐震座金

【耐震座金タイトニック】

タイトニックは木材の木痩せ、荷重による収縮や、振動による緩みを防止して、接合部の耐力低下を防ぎ、 新築時の耐震力を長期に維持します。

タイトニック説明

 

構造補償

【10年間最高2,000万円を補償】

万が一、せっかく購入した新築住宅の性能に著しく問題があったり、日々の生活に支障を及ぼすような瑕疵(重大な欠陥)があった場合に東洋グループでは、10年間最高2,000万円まで第三者機関が建物の基本構造部分を補償する保険に加入しております。

「対象となる保険の範囲」

保険の対象となる部分は、住宅の品質確保の促進等に関する法律第5条第1項および第2項に規定する「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」で、構造耐力性能または防水性能における瑕疵が保険の対象です。

詳しくはJIOの公式HPをご覧ください。

補償部分

 

断熱素材

【硬質発泡ウレタンフォーム吹付け】

現場吹付け発砲で細かい部分にも隙間なく充填でき、安定した断熱効果を発揮。水の力で吹き付けるので、フロンガスを使わない、地球にやさしい断熱材です。余計な冷暖房エネルギーを削減でき、CO2の大幅削減にもつながります。

 

防火構造

【省令準耐火構造】

1.外部からの延焼防止 2.各室防火 3.他室への延焼遅延

隣家などから火をもらわないことはもちろんのこと、万が一部屋から火災が発生した場合、一定時間部屋から火を出さないことと、延焼を遅らせる仕様です。

火災保険料を半額もしくは6割引き程度まで節約可能です。

!続きは工事中!

随時追加していきます。