Q66.制震ダンパーとは

A.制震ダンパーとは、粘弾性ゴムや油圧を使った器具で、地震の揺れを分散する装置です。

粘弾性ゴムや油圧を使った器具で、地震の揺れを分散する装置です。 繰り返される地震の揺れを押さえ、構造体(建物)を損傷させる力を弱めるのが制震です。 

建造物に伝わった揺れを特殊な装置や構造によって吸収するという考え方。 制震システムそのものは地震によるダメージをほとんど受けないため、本震の後の余震や、また別の本震に襲われた際にも、機能が衰えることなく住宅を守ることが期待できます。

東洋ホームでは制震ダンパーを施工に取り入れております。遠慮なくご相談ください。

このページを見ている方に人気の記事↓↓


■設備・仕様について

Q26.太陽光パネルは載せれますか?

Q27.オール電化とは?

Q28.24時間換気システムってなに?

Q29.断熱材の種類は?

Q30.塗り壁のメンテナンス方法は?

Q31.タイルの床はどのように掃除すれば良いの?

Q32.防蟻・防腐処理はどうしているの?

Q56.床暖房はつけられますか?

Q60.バリアフリーにできますか?

Q33.湿気対策は何をしているの?

Q34.省令準耐火構造とは何ですか?

Q35.耐震等級とは?

Q50.自然素材はほんとにからだにいいのですか?

Q66.制震ダンパーとは

「まずは東洋ホームを知りたい!」という方は…

作品集

パンフレット

「家づくりから暮らしづくりへ」
家づくりへの想いや宮崎で快適に暮らすための工夫、施工事例など、東洋ホームのことがわかるパンフレットを無料でお送りします!

ご希望の方はこちら