Q8.固定金利と変動金利はどちらが良いの?

A.一概には…どちらとも言えないのが現状です。

まず、はじめに知っておきたいのは固定金利と変動金利の違いです。

変動金利…固定金利に比べて金利が低い場合が多いですが、世の中の景気に応じて金利が変動する可能性があります。

変動金利は市場の動向により、金利が変化するものです。よって金利が半年ごとに見直しされ、返済額は5年ごとに変わります。金利が上昇した場合は元金がなかなか減らないという事も起こりえますし、もちろんその逆もあり得ます。

固定金利…変動金利に比べて金利は高いですが、金利は返済終了まで決まっているという安心感があります。

固定金利は返済する間ずっと金利の変わらないものです。よって返済額も返済期間中、ずっと一定になります。

金利は変動金利と比べると高くなりますが、金利が変わらないという安心感があり、将来設計には金額が変わらない固定金利の方が優位になります。

どちらがいいかはご自身の判断になりますが、実際に銀行への相談に同席したり、手続きのお手伝いをしたりと当社のスタッフもご相談にのりますので、安心してくださいね。

 

このページを見ている方に人気の記事


■お金のこと

Q4.自己資金がなくてもお家は建てられますか? 

Q5.住宅ローンの事前審査って何ですか?

Q6.住宅ローンにはどんな種類があるの?

Q7.つなぎ融資ってなに?

Q8.固定金利と変動金利はどちらが良いの?

Q9.家づくり、はじめに必要になるお金はいくらくらい?

Q10.家づくりではどんな税金がかかるの?

Q11.毎月の住宅ローン返済負担を軽減する方法はある?

Q61.坪単価はいくらですか?

「まずは東洋ホームを知りたい!」という方は…

作品集

パンフレット

「家づくりから暮らしづくりへ」
家づくりへの想いや宮崎で快適に暮らすための工夫、施工事例など、東洋ホームのことがわかるパンフレットを無料でお送りします!

ご希望の方はこちら

家づくりのすすめ方|よくあるご質問(Q&A)

ページトップへ