ページトップへ

よくあるご質問(Q&A)

Q34.省令準耐火構造とは何ですか?

A.省令準耐火構造の建物とは、所定の省令で定める性能を有する建物で住宅金融支援機構の仕様に合致する建物をいいます(建築基準法に定める準耐火構造に準ずる性能を有する建物)。

外壁及び軒裏:防火構造であること
●屋根:不燃材料で造り、または葺いたもの。あるいは準耐火構造であることなど。
●室内に面する天井及び壁:通常の火災の加熱に15分以上耐える性能を有する
●上記以外の部分は防火上支障のない構造であること。

これらの条件を満たす住宅を指し、具体的には次のとおりです。

●枠組壁工法(2×4工法)建物
●木質系プレハブ建物
●木造軸組工法建物

これらの建物で住宅金融支援機構の定める仕様に合致した、あるいは事前承認を得たものが省令準耐火構造の対象となります。

 

このページを見ている方に人気の記事


 

■設備・仕様について

Q26.太陽光パネルは載せれますか?

Q27.オール電化とは?

Q28.24時間換気システムってなに?

Q29.断熱の種類は?

Q30.塗り壁のメンテナンス方法は?

Q31.タイルの床はどのように掃除すれば良いの?

Q32.防蟻・防腐処理はどうしているの?

Q56.床暖房はつけられますか?

Q60.バリアフリーにできますか?

Q33.湿気対策は何をしているの?

Q34.省令準耐火構造とは何ですか?

Q35.耐震等級とは?

Q50.自然素材はほんとにからだにいいのですか?

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ

 

 

よくあるご質問(Q&A)