東洋ホームのSDGsへの取組み

SDGsロゴ

◎SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs:Sutainable Development Goals)とは、2001年に策定されたMDGsの後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

アジェンダでは、人間、地球および繁栄のための行動計画として、宣言および目標を掲げています。

この目標が、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)です。

持続可能な社会のために、東洋ホームはSDGsを通して社会貢献に取り組んでまいります。

東洋ホームは国連が提唱する”持続可能な開発目標”に賛同し、SDGsに積極的に取り組んでまいります。

地域に密着した工務店として「環境と人に優しい『街創り』で地域の発展・向上に貢献し続けます」をテーマに持続可能社会のために活動してまいります。

東洋ホームの具体的な取り組みと目標

すべての人に健康と福祉を

3

住まいの環境を快適にすることで、その環境で暮らす人の健康に貢献する事ができます。

家の中のどこでもほぼ同じ温度にすることで、入浴時のヒートショックによる事故などを軽減することにもなり高血圧などの生活習慣病の予防にもなります。省エネで暖かく、どこでも快適で安心安全に暮らせる住まいを東洋ホームでは提供して参ります。家庭内のヒートショックを防止するために、弊社は高断熱の温度差の少ない高性能住宅の建築に取り組みます。

ジェンダー平等を実現しよう

5

東洋ホームでは、スタッフを男女平等に採用します。男女問わず管理職に就き、女性が働きやすい環境を整えています。「女性だから給料が少ない」「女性だから昇級しない」など、性別によって不利益を被ることはありません。男女平等な労働環境で女性の社会進出を後押ししています。また、男女ともに育児休暇の取得を推進しています。

エネルギーをみんなにそしてクリーンに

7

東洋ホームではZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及に取り組んでいます。1年中快適な室温を保ち、電気やガスなど家庭で使うエネルギーを削減してCO2を減らし、地球温暖化対策に貢献します。また高断熱高気密の住宅を推奨することで冷暖房にかかるエネルギーを大幅に削減します。

働きがいも経済成長も

8

継続した受注で社員はもちろん、関係業者が安心して働ける会社を目指します。従業員一人ひとりが個々の能力を十分に発揮して活躍できるよう、職場環境を継続して改善しています。また、中途社員の採用、定年後の再雇用やワークライフバランスの推進など多くの人が輝けるようにサポートしてまいります。

住み続けられるまちづくりを

11

東洋ホームでは、「環境と人に優しい『街創り』で地域の発展・向上に貢献し続けます」を経営理念に掲げています。一棟一棟大切につくることはもちろん、新しいまちづくりにも積極的に取り組み、住み心地のいい環境を提供しています。お引き渡し後もアフターメンテナンスを充実させ、安全に住み続けられるまちづくりに繋げます。

つくる責任 つかう責任

12

メンテナンスフリーの住宅の提供は、無駄な資源の削減により、地球環境維持そのものに貢献できます。維持管理しやすい住宅の提供、長寿命の住宅の提供に取り組みます。長期優良住宅認定と耐震性の確保を積極的に行います。住宅の無料点検を積極的に行い、住宅の長寿命化を実現します。また、施工面では、工期短縮、工程管理の改善を常に行い、無駄の削減に努めます。

東洋ホームのこと|東洋ホームの家づくり

ページトップへ