フラット35

ずっと固定金利の安心

融資実行時に返済終了までの借入金利と返済額が確定します。
返済中に市場金利が上昇し、その時点の【フラット35】の借入金利が上昇した場合でも、融資実行時に確定した借入金利で返済を継続できます。

【フラット35】の対象となるのは、住宅金融支援機構において技術基準を定め、物件検査を受けた住宅です。

フラット

東洋ホームの建物は省エネや耐震性など質の高い住宅取得を金利引下げで応援【フラット35S】Aプランに対応しています

フラット金利

【フラット35】Sの技術基準には、省エネルギー性、耐震性、バリアフリー性、耐久性・可変性の4つのうち、いずれか1つ以上の基準を満たす住宅である必要があります。

省エネルギー性

一次エネルギー消費量等級5(最高等級)の住宅

耐震性

耐震等級3(最高等級)の住宅

バリアフリー性

高齢者等配慮対策等級4以上の住宅

耐久性・可変性

長期優良住宅(長く安心、快適に暮らせる優良な住宅として国が定めた基準を満たし認定を受けた住宅)

 

東洋ホームのこと|住宅性能と品質

ページトップへ