ページトップへ

現場レポート

  • 地域別
  • すべて

宮崎市 HC様邸 新築工事

1.2017年04月24日
プラスターボードはり
プラスターボードはり
室内仕上げの下地材「プラスターボード」を貼っていきます。
このボードは、防火性・耐音性に優れるため、火に強く、音を伝えにくいという特性を持っています。
下地が完了したら、クロスを丁寧に貼っていきます。
2.2017年04月24日
内装・クロス工事
内装・クロス工事
内部造作、クロス関係の工事がスタートしました。いよいよ完成間近♪
3.2017年03月22日
断熱材吹き付け状況
断熱材吹き付け状況
アクアフォームという断熱材を使用し、隙間なく吹き付けていきます。隙間の生じないアクアフォームは、高い断熱性能と気密性能を同時に施行する事で、ほかの断熱材に比べて優れた断熱性能を発揮します。従来隙間から入り込んでいた外部の騒音や気になる内部の生活音の漏れもシャットアウト!
4.2017年03月21日
金物状況
金物状況
木材と木材をつなぐ金物状況です、タイトニックという金物を使用します。タイトニックは木材の木痩せ、荷重による収縮や、振動による緩みを防止して、
接合部の耐力低下を防ぎ、 新築時の耐震力を長期に維持します。
5.2017年03月21日
外壁工事
外壁工事
外壁工事が始まりました。
透湿・防水シートを貼り、銅縁を入れて通気層を確保した後、外壁材を施工します。
6.2017年03月21日
電気配線状況
電気配線状況
コンセントや照明の位置を全て記載した「電気配線図」をもとに、断熱材吹き付け前の電気配線確認を行いました。
7.2017年03月16日
JIO躯体検査
JIO躯体検査
JIOによる2回目の検査です。柱・梁や筋交い・外壁パネル等が図面通りに配置され、それらが設計通り金物で補強されているか、屋根は規定通り造られているか等細かくチェックします。
8.2017年03月14日
屋根工事
屋根工事
屋根には防水、断熱対策として「アスファルトルーフ」と「遮熱ノアガードⅡ(ゴムアスルーフ+遮熱シート)」を採用しています。工事用の足場が撤去されると、間近で見ることは出来ませんが、お家を雨から守ってくれる重要な部分ですので、丁寧に施工しています。
9.2017年03月06日
耐力壁(構造用合板)
耐力壁(構造用合板)
耐力壁の国土交通大臣認定を取得した構造用面材を使用しています。ホルムアルデヒド放散量はF☆☆☆☆、廃木材・未利用木材を主原料としたエコ商品です。
構造用面材に求められるせん断剛性が、合板に比べ2倍以上。地震・台風に強い家を作ることができます。
10.2017年03月01日
建て方
建て方
晴天に恵まれる中、いよいよ大工さんたちとクレーンによる建て方の作業です、一気にお家の姿が出来上がります。
上棟後はすぐに建物を濡らさないようにビニールシートでぐるぐる巻きにします。骨組みが見える貴重な姿です。
11.2017年02月27日
土台工事
土台工事
大工さんによる土台工事を開始しました。
キソパッキンは、床下の換気を良くすると共に、
基礎と土台の縁を切り、コンクリートが吸った湿気を土台に上げない役目があります。
これで、シロアリを寄せ付けない土台が完成します。土壌、木部処理で5年保証、この基礎パッキンで10年白蟻保証がつきます。
12.2017年02月25日
基礎完成
基礎完成
コンクリートを打設し、型枠を外して立派な基礎が完成しました!
13.2017年02月20日
JIO配筋検査
JIO配筋検査
JIO(日本住宅保証検査機関)による配筋検査が行われました。鉄筋の間隔などしっかりと確認してくれます。
14.2017年02月18日
基礎工事
基礎工事
砕石敷込後、転圧工事を行いました。
転圧工事は、土砂を平面にするだけでなく土中の空気を押し出して密度を高めます。
15.2017年02月15日
テクトンシート敷込
テクトンシート敷込
テクトンシートの敷込を行いました。地盤を安定させる効果があります。過去30年以上にわたって、ビルや鉄道、高速道路、空港など世界中で使われてきたトップの材料です。
次は、砕石敷込を行います。基礎が沈まない様に、必要な地耐力を出します。
16.2017年02月13日
縄張り
縄張り
基礎工事を始める前の縄張りが行われました、いよいよ着工です!完成までレポートを続けていきますのでお楽しみに。